富士宮市のフレンチレストラン Mitsu


■ 静岡県立大学国際関係学部の皆さんに「チャレンジャー静岡人」シェフが講話
1月22日当店を訪問される県立大学キャリア支援センターのサークル活動に携わる学生の皆さんに、ふるさとに店を構えて20年、田舎料理屋で地方の食文化を大切にした運営のポリシーを、世界を巡っての修業体験とグローバルな食の見方からお話します。
静岡から商学博士の宮崎先生と一緒に来られる皆様に、富士山麓で料理人が信念を貫いた理想なオーナーシェフ像を、大学キャリア情報誌「&YOU」(次回発行夏号予定)の取材も兼ねて、愉快にお伝えします。
4〜5歳の頃から両親と食事に来られている、サークル学生の千野真祐香さん、ふるさとのレストランを県大の皆さんに紹介していただき、ありがとうございます。
  →詳細はこちら

■ 「おとな旅プレミアム 富士五湖」 取材撮影
4月に発売予定の全国旅行ガイドブックシリーズの富士山麓版に、富士山伏流水あっての産物「しずおか食セレクション」認定の「大々鱒紅富士」とその卵「レインボーキャビア」を使って、地場野菜と彩りよく楽しめる、山麓の自然味な一皿「ニジマスのポワレ ミキュイ クロッカン 山麓野菜とニジマス卵添え」を紹介しました。
多くの方に富士山麓を周遊していただき、ふるさとの自然環境が育む美味しさを味わっていただけたら幸いです。
ご予約・ご来店お待ちしております。

■ シンガポール旅行雑誌「Go Japan」    取材食事会
新春の富士山麓富士宮市をシンガポールの旅行雑誌「Go Japan」の取材を兼ね、George Limさんと市観光課と静岡県地域外交局の皆さんでのウェルカムディナーを、「食の都づくり仕事人」の当店で。
多彩な食材で、地元の食事情を伝え、楽しんでいただきました。
ふるさと富士山麓の素晴らしさを、さまざまな方面からシンガポールの方々においしく伝えていただき、大勢の人達にこの地を訪れていただけると幸いです。

■ 総合食品開発展 6産化調査・報告
1月11日(水)静岡グランシップで開催される「ふじのくに総合食品開発展2017」に、静岡6次産業化サポートセンター専門家(調理指導・食の仕事人)として、県産食品の販路開拓や6産化商品開発の取り組み等の更なる推進のため、会場に出向き食材や食品を調査しセンターに報告します。
地元の素晴らしい産物や生産者に接し、プロの料理人のアイデアが効果的に活かされるよう、リアルな調査報告させていただきます。
知り合いの食関係者、身近な食材がいっぱいで楽しみです。

■ 明けましておめでとうございます
富士山麓から新春のお慶び申し上げます。
レストラン4日より営業いたします。
4日のランチはクラブツーリズム「ロイヤルクルーザー四季の華」ツアーのお客様で貸し切りです。
新春にふさわしい山麓の贅沢な美味しさでおもてなし。
ご予約、ご来店お待ちしております。

■ 「食の都」表彰 富士宮市長報告会
静岡県「食の都づくり」28年度年度表彰を須藤富士宮市長に報告

「The 仕事人 of the year 2016」
代表を務める富士地域仕事人有志の会
クラブF 「食の都づくり貢献賞」
製造監修とネーミングに携わった、富士の鶏胸肉ブラン・ナチュール
「新商品セレクション金賞」  受賞

地域の皆さんと連携し、地元食材を活かし、食文化を大切にした、食のまち推進により貢献できるよう市長にお願いしました。

受賞の情報 県HPより
  →詳細はこちら

■ The 仕事人 of the year 2016 受賞              職人冥利に尽きます
静岡県「食の都づくり」表彰式
3年連続4度目の「The 仕事人 of the year」
受賞しました。
また、代表を務める富士地域仕事人の会
クラブF が「食の都づくり貢献賞」を、製造監修とネーミングに携わらせていただいた富士の鶏胸肉 Blanc Nature が「新商品セレクション
金賞」を同時受賞しました。
地場の力と地域の連携に感謝し、関係者の皆様に御礼申しあげます。
料理人の持つ知識と技、食文化力を活かし地元農林水産物を大切に「おいしい ふるさと」
地方創生に精進して参ります。
静岡県農林水産業振興会会長の川勝平太知事、「食の都づくり親善大使」工藤夕貴さん、式典では誠にありがとうございました。

県HP「静岡おいしいナビ」へ
  →詳細はこちら

■ クラブF 「食の都づくり貢献賞」受賞
代表を務める富士地域仕事人の会「クラブF」、有志8人の食を通じた地域貢献活動が認められ、静岡県から本年度の「食の都づくり貢献賞」を受賞しました。
「ふじのくに新商品セレクション」では、真空調理での製造監修とネーミングに携わらせていただいた、富士の鶏胸肉の「Blanc Nature」が見事金賞を受賞しました。
(表彰式は11月30日 静岡グランディエール
ブケトーカイ)
地場の力と地域の連携、皆様に感謝し、食文化力を大切に農水産物にふれていきます。

6次産業化推進のPRと「Blanc Nature」
  →詳細はこちら

■ 富士山麓の恵みに感謝  
10月29日(土)18:30〜 
テレビ朝日の「ごはんジャパン」で全国にオンエア、朝霧高原「富士山岡村牛」
地元の店として番組収録に協力、熊谷喜八シェフと女優藤吉久美子さんと岡村牛の美味しさを広く発信しました。

特別フェア開催 「富士山岡村牛コース料理」
ランチ3500円〜 ディナー6000円〜
ご予約にて、おもてなし中。

テレビ朝日「ごはんジャパン」
毎週土曜日18:30〜
  →詳細はこちら

■ 富士山麓食の都づくり交流会’16
11月22日(火)18:00〜
富士パークホテル6F「レストラン・ヴィルゴ」
富士地域食の都づくり仕事人の会「クラブF」と県富士農林事務所主催の、地域の関係者による食事交流会。
生産者さんも多数交え、毎年大好評のイベントに仕事人の技がさえます。4年目はテーブルビュッフェスタイルで盛り上げます。県誉富士協会の日本酒の試飲サービスもあります。

興味ある方・問い合わせ・申し込みは
富士農林事務所地域振興課へ 0545-65-2192
  →詳細はこちら

■ 食育の秋
地元小学校でキャリア教育も含め、食育活動へシェフが Go!

9月25日 「親子クッキングコンテスト」
富士地域予選大会
静岡ガス・エネリアショールーム富士 
調理実技と味の審査、総評

10月6・11日 母校の市立北山小学校
「野菜っ子クラブ」講義と料理実習
今年もMitsuならではのお話しと調理

10月20日 富士市立広見小学校4年生
全国一斉「味覚の一週間」実行委員会事務局・静岡県「食の都づくり」主催で、地元料理人
(仕事人クラブF)4人による五味にふれての「味覚の授業」

10月16日〜23日 「味覚の食卓」
地場食材を活かし、五味を楽しむ特別メニューをレシピと共に提供

10月31日 富士宮市立北山小学校6年生 キャリア教育授業
母校の子供達にシェフの貴重な体験話し
「ふるさと富士山麓から世界に羽ばたけ」

美味しく作って食べて、健全な食育を推進。
「味覚の食卓」五味を楽しむ料理レシピがご覧いただけます。
  →詳細はこちら

■ 伝統的農産物加工は健全な自然味
西洋の農産物加工は当たり前の自然食品。
昔ながらの地方の伝統を大切に、食卓の必需品として愛され続けています。
レストランでも、料理と同様に楽しんでいただいております。
虫の音に合わせ、パン・ワイン・チーズがより美味しい季節です。ヨーロッパの食の醍醐味を感じていただけたら。

■ 晩夏のおもてなし
お盆も明け、過行く夏を富士山麓の野菜と共に味わっていただいております。
ご予約お待ちしております。

■ 美味しさ涼しげに
お盆も休まず涼しげなヘルシーフレンチで
もてなしております。

■ facebookからシェフの一言
facebookオーナーシェフ石川光博から
情報発信しています。
どうぞご覧ください。

■ 「ニジマス 温(まどか)漬け」デビュー
生産者の白糸滝養魚場の秋山さんと6次産業化食品加工、虹鱒を地元の酒粕と味噌で味付けし、地域の連携で健全な美味しさにシェフが監修した「温(まどか)漬け」。
伝統的な自然加工を活かし、現代風に切り身の「真空パック漬け」で新商品化。粕を付けたまま無駄なく、焦げずに香ばしく、簡単に焼ける、飽きの来ない和のお惣菜です。

市主催の「富士山 水まつり」で、ホイル焼きで販売、皆様に振る舞われデビューします。
7月31日(日)9:30〜15:30(雨天中止) 
富士宮浅間大社・神田川ふれあい広場

■ 富士山麓の夏を召し上がれ
7月10日は「富士山お山開き」
富士宮浅間大社では開山式、村山浅間神社では入山式が行われ、富士山は夏山シーズンの幕開けです。
山麓の野菜をはじめ、店の料理も夏本番で皆様をもてなします。サッパリと美味しい旬のひとさら一皿をご賞味ください。

■ 富士山麓 農業6次産業化支援
山麓の特徴ある生産物を活かし、美味しくヘルシーに技ありの食品加工はいかがですか。
富士地域仕事人有志の会「クラブF」メンバー(食のコンシェルジュ)と生産者らと連携し、
地方の食文化を大切にした新商品開発や販路拡大等に取り組んでいます。
静岡6次産業化サポートセンターの調理指導専門家として、アイデア・技術を関連機関に伝え、地元農業を応援しています。
7月6日 県富士総合庁舎・農林事務所で開催される「6次産業化支援セミナー・評価会」には食味アドバイザーとして参加、生産者の開発した商品のブラッシュアップに務めます。 

■ 食の本質にふれ 自然味なおもてなし
幸せに豊かに生きるため、ふるさとで料理人の「利他」の実践。
食品の原材料名表示にたくさんの化学記号が平然と並べられるご時世に、素材を活かした自然味な調理と食文化を大切にした健全な美味しさでおもてなし。
戦前まで培われてきた、生命に大切な食の本質を、当たり前の調理と本来の食べ物屋稼業で皆様に伝えています。身に着けた西洋の伝統ある食文化も活かして。
雑木林の新緑に癒され、季節ならではのテラス席がおすすめです。富士山麓の自然環境が育むさまざまな食材や自家栽培のハーブでおくつろぎください。
食後に摘みたてヴェルヴェーヌのティザンヌを爽やかにサービスしております。

■ 世界お茶まつり 2016
お茶どころ静岡 5月13日〜15日に開催される「世界お茶まつり2016 春の祭典」に合わせ、富士山麓からお茶を使った創作フレンチデザートで、新緑の季節のおもてなし。
お茶づくしのデザートは、「新緑茶ジュレ」「お茶プディン」「お茶アイスクリーム」「お茶マカロン」さまざまなテイストで楽しめます。地元のジャージーミルクや高原卵も活かした、新緑のコース料理の一皿です。(5月13日〜22日期間提供)
お茶プディンは母校北山小学校で、茶文化推進事業の一環、食育調理実習授業で子供たちと一緒に作った一品です。

世界お茶まつりと連携し創作料理・菓子を提供する県下の仕事人・店舗情報は、ウェブサイト「静岡おいしいナビ」よりご覧いただけます。
季節で楽しむ日本の茶文化、さつきの柏餅と薫る新茶の味わいに勝る美味しさが見つかるかも。

ビストロ感覚で気取らないフランスの味わい
OPEN 11:00~14:30、18:00~21:00  Holiday/Monday
住所:〒418-0022
静岡県富士宮市小泉2343-102
Restaurant Mitsu
Copyright (C) 2011 RestaurantMitsu All Rights Reserved.